スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

コミットメントを死守する

2018年のコミットメント 明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

2017年は、私にとっては飛躍の年でした。
ほぼ個人でやっていたSpelldataが、メンバーが増えて組織となりました。
私にとっては、技術者から経営者へとシフトを促す年で、経営者としての技量を磨かなくてはいけない契機となりました。

そうは言っても、未だ、私が会社のテクニカルリードである事は変わらないので、2018年のコミットメントも、技術関係が多いです。

ここ数年の私の毎年のコミットメントは、以下の分野に分かれます。
統計学・品質管理に関する分野プログラミング言語に関する分野パフォーマンスに関する分野経営に関する分野 ちょっと欲張りすぎな気もします。もう1つ、2つ削って、2つ程度に注力した方が、より結果が得られるとは分かっているのですが、まだまだ余裕がある会社ではないので、一般の方々が使っている分野の時間を削ってやります。
コミットメントとは 私は、目標とは言わず、コミットメントと言います。
コミットメント(commitment) とは何でしょうか?

Oxford Living Dictionariesでは、以下のように書いてあります。
The state or quality of being dedicated to a cause, activity, etc.A pledge or undertaking.An engagement or obligation that restricts freedom of action. 私は学生時代に、「コミットメントとは、もしやらなかったら、ピストルで自分の頭を打ち抜くというぐらいの約束」と教わりました。

コミットメントは、自分自身との誓いであり、約束であり、契約です。
しかし、残念なことに、(私も含めて)自分自身との約束や契約は、他人と交わしたそれらに比べて、私たちは軽く扱いがちです。

自分を裏切るのは、常に自分であることが多いのです。

承認のコップ 私たちは、誰もが、心の中に「承認のコップ」を持っていると言います。
私たちは、この「承認のコップ」になみなみと水を満たしたいと思っています。
それが私たちの自尊心となり、生きていく歓びでもあるのです。

しかし、自分自身との約束を破ることで、私達は自分で自分の「承認の…

最新の投稿

寒いマンションの部屋の床温度の上昇対策

ファインディング・ドリーに見る私達の存在の意義

Tokyo Design Week 2016の事故に想う

アメリカ、NYを舞台にした法律事務所のドラマ「Suits」が面白い!

今日で最終日を迎えた「Windows10への無料アップグレード」をするつもりがないあなたへ

HTTP/2という「祭り」

うちの子供には、いつプログラミングを教えるか

シグナル&ノイズ

方程式から関数へ

価格だけで決める愚かさ